居酒屋よりもコンビニ。

「コンビニわんぱく食い」は最高の贅沢だ。

金曜日の夜は「ハナキン」とも言われるくらい開放感があって、一昔前だと居酒屋で仲間とパーッとやっている姿を想像していたけれど、お酒は飲めないし夜遅くまで外にいたくもないので、自分には向いていないストレス解消法だと思っている。

ぼくにとってのハナキンは、コンビニに行って飲み食いしたいものを手当たり次第買うことだ。これを「コンビニわんぱく食い」と呼んでいます。何も気にせずコンビニで食べたいものを買いまくって、家でひとりでテレビ見ながら食べるというもので、これが最高に気持よくて案外これに勝るものがなかったりする。そのひとときを発表します。

普段の僕の夕食は、基本的に野菜が入ったカレーのルーだけです。別に節約しているわけでもないし、ひもじいわけでもないです。全ては週末に好きなだけ食べるというイベント「コンビニわんぱく食い」ためのフリです。

んで、その「コンビニわんぱく食い」というのは、その名の通り(どの名だ!)、コンビニで何も気にせず思いのままに、本能のままに食べたいものを買って家で録画したテレビ番組を見ながらひとりで食べるというビッグイベント。さぁどうよ?これがなんとも言えない気持ちよさ。こんなに幸せでいいのか。いいんです。

最近はコンビニでもPB商品が多くてけっこうお手頃価格で手に入る。しかもおいしい。週末に混雑している居酒屋に行くよりもコスパ良くて満足度も高いと思います。どうですか?お父さん!それでも、600円以上もするだし巻き食べるのかい?もう、休みたまえ。

こんな感じで買う。ここでお菓子も菓子パンも買います。わんぱくだから。

「コンビニわんぱく食い」は最高の贅沢だ。

わんぱく1 セブンイレブンver

FamilyMart

わんぱく2 ファミマver

帰るときは足早でチョット走るくらいにならないとダメだ。そのくらい腹をすかせないと幸福はやってこない。オススメのコンビニはセブンイレブンとファミマだ。サイクルが早いから毎週のように新しい商品が出て飽きさせない。たまらん!

Share

プロフィール
ブログ
お問い合わせ

PAGE TOP