2015年が終わった。

本日をもちまして2015年が終わりました。

20代の後半から月日の流れが思ったよりゆっくりだ。大人になるとあっという間に時間が過ぎてしまうっていうけれど、僕の場合全然そんなことはなくてまだまだ33歳かっていう感じだ。

別に1年が充実していないわけでもなくて、逆に仕事に追われ、忙しくて毎日終電まで働いているときの方が時間の流れが早かった。「あぁ、また仕事だけで1年が終わっちゃたなぁ」なんてよく思ったもので、忙しさと時の流れは関係なさそうであることを学んだ。

ここ数年はいろんなところに旅行に行ったり、毎日おいしいご飯を食べたり、ときには何もしなかったりすることに頭を使っている。毎日が楽しくて仕方ないという程でもないけれど、おかげさまでけっこう満足度の高い1年を送れていると思う。なによりノーストレスな毎日であることがありがたい。それにしても、イキイキしている方が時間の流れが遅くなるなんて、実現できたら嬉しいけれど皮肉的でもあるよなぁ。2016年はもっと遅く感じるような生活を送りたい。

Share