たまに「ヨーグルトメーカー 」でヨーグルトを作る

長期的に考えたらコスパがいい「ヨーグルトメーカー 」を使ったヨーグルト作り

ときどきヨーグルトメーカーでヨーグルトを作っています。作るといっても市販のヨーグルトと牛乳を混ぜて保温するだけ♪なぜか数ヶ月に1回くらいヨーグルトを作りたくなるんでやんす。完成したヨーグルトは、次のヨーグルトを作る種にできるのでコスパもいいんですよね。

僕が愛用するのは「山善 ヨーグルトメーカー YMR-9100-W」

僕が使っているヨーグルトメーカーは、山善のヨーグルトメーカー保温のみ(タイマーもない)の超シンプルな機能のものです。

ふと、Amazonでチェックしてみると、購入当時の価格から跳ね上がっていて驚きました。ひょっとしたら、もっと安い物があると思います。

ヨーグルトの作り方を6コマの写真でどうぞ

長期的に考えたらコスパがいい「ヨーグルトメーカー 」を使ったヨーグルト作り

こんな感じで完成します。上に乗っているのは梅ジャムです。梅を収穫したときのものでこちらも自分で作りました。

梅干し・梅ジャム・梅シロップなど。6月は『梅収穫・梅仕事』で繁忙期だから大変だ。

スターターは市販のヨーグルトでもオッケー

ヨーグルトづくりに話を戻します。
今回はスターター(元となるもの)を市販のヨーグルトにしました。本格的に作るなら、ヨーグルト菌をスターターにするのが良いのかもしれないけれど、あまり売ってないのよね。普通のヨーグルトでも問題なくおいしいヨーグルトが作れますよ。

つくったヨーグルトは次回のスターターにできますよ

完成したヨーグルトは、次のヨーグルトを作る種にできるので、頻繁に食べるのであればコスパもいいと思います。ただ、何度か作ったら種が古くなるので「永遠にヨーグルト食べ放題!」というわけにはいかないけれど。

Share