ベランダでキュウリを育てて食べるまでの記録(植付〜収穫篇)

マンションでキュウリを育てるキュウリのベランダ菜園をしたときの記録(後編です)。ルンルン気分で苗や道具を揃えた僕は早速植え付けを開始します。2ヶ月後には無事キュウリは実を実らせてくれましたが、思ったより成長が遅く不安もありました。水やりの難しさや追肥・わき芽かきの重要さなど、いろいろと学ばせていただきましたよ。

苗の植付

キュウリをベランダで育てるのに必要な物はこちら

キュウリの苗の植え付け

植付完了(プランター奥)ピーマンとイッショ★

プランターに底石を引いて(買っていれば)、培養土を敷き詰めます。

苗が埋まるように穴を開ければ準備完了!

苗を手に添えてひっくり返したら、苗が容器からコポっと外れます。
用意しておいた穴に置いて土をシッカリとかぶせます(苗はひっくり返して抜くだけなんですが、初めてのときは戸惑いました。土に絡みついている紐はそのままでオッケー!)。

水をたっぷりやります。プランターの底から染み出すまで。

水やりは、土が乾いてから。

水やりは、思ったよりもデリケートで難しいです。

土が乾いたら、たっぷり水やりをするのがポイントです。土に人差し指を第一関節くらいまで挿して、湿り気を感じなくなったら水をあげましょう(プランターの底から染み出すまでたっぷりと)。

毎朝は間違い?

毎朝あげていたんだけど、いま思えば水をやり過ぎだったと思います(乾いていれば毎朝でもいいんだけど)。なかなか成長しないと焦ってしまうんだけどグッと我慢。水をあげすぎると腐っちゃったりするみたい。

旅行のときは、ペットボトルにおまかせ

家庭菜園は楽しいけれど、家を外せないのが玉にキズです。そんなときは水やりグッズを使うといいでしょう。

旅行中に便利な水やりグッツ

旅行中に便利な水やりグッツ

植付から1ヶ月後くらいから追肥

野菜の肥料

植物って日光と水と二酸化炭素があれば育つと思っていたんだけど、肥料があるとなお良いです。1ヶ月後くらいから2週間に1度パラパラとまきます。プランターの端にまくといいみたい。

支柱の高さを越えたら摘心

支柱の高さを越えたら摘心

摘心(成長したらこんな程度じゃすまないけど…)

キュウリって無限に成長するのかっていうくらい伸びます。そんなときは、躊躇せずに切りましょう。目安は支柱より高いところという感じですね。あまりに高いと、バランスが悪くなっちゃいますからね。あと、栄養も行き届かなくなるし。

切ったらそこで成長が止まるわけではなく、他のところからニョキニョキ生えてきます。それも支柱の高さを越えたら切ります。まぁ、毎日格闘の季節ですよ。

収穫

マンションでキュウリを育てる

ハサミでパッチン

7月中旬くらいから食べられると思います。キュウリは受粉しなくても雌花であれば実が成ります。雌花は花の根元のところに小さなキュウリの実のようなものがあるのでわかるはず

雌花

黄色い花もキレイ

食べる

待望のお食事です。サラダにしたり、サンドイッチにしたり。キュウリって意外と1本まるごと使うことないんだよね。

サラダにしました

サラダ

丸かじりもいい

なんだかんだで丸かじりが一番うまいかも

おわりに

家庭菜園ってめんどうだけど、その手間を含めておいしいんだよね。それに、植物の成長ってずっと見ていられるので、僕の性格とマッチしているかもしれないなぁとおもったり。キュウリは育てるのが簡単だから初心者にもオススメだよ。僕も初めての家庭菜園がキュウリだったし。

Share