なんだかんだで、早寝早起きがイチバン調子がいい

僕は子供の頃から早寝早起きが得意で(というか、そのようにしつけられたんだけど)、いまでも毎日6時〜7時には起きています。大人になって夜の世界にも足を踏み入れましたが、やっぱり朝の気持ちよさに勝るものはないですね。空気が冷たくて日がさす感じが新鮮さをもたらすんでしょうか。昼過ぎまで寝るというのも贅沢ですが、それと同時に後ろめたさが急激にやってくるので、やっぱり早起きがイチバンです。早寝早起きには、人生に適度なメリハリを与えてくれるというふうに思います。

朝起きてジムに行って軽めの運動をして風呂に入るまでが、僕の午前中9時くらいまでの必勝パターン。

そこから、こうやってブログを書いたり読書をしたり考え事をしたりします。要は本業タイムです。運動したり風呂に入ってさっぱりしているからか、頭がギンギンに冴えるんですよね。頭が冴えるとドンドン作業が進みます。「キタキタキター」って感じです。恐らく、この文章も夜には書けないでしょう。

でも、残念な事にこのトランス状態は永遠には続きません。僕の場合は、昼食をとったら終了です。界王拳を使っている感じです。体に積んでいるガソリンの量は増えてませんからね。

そして、1日が終わり寝るわけですが、早く起きるには早く寝なければいけません。僕の場合は、22時〜23時には寝ます。夜型生活を送っていたときは、なかなか日をまたぐ前に眠れなかったことも多かったんですが早く寝るコツを発見しました。それは「疲れること」と「夕食を早めに済ませること」です。疲れたら眠くなるのは言わずもがな、夕食を早く済ませると翌朝、お腹が空いていい感じに目が覚めます。眠るにも体力が必要ですからね。そうすると、その日の夜は早く眠くなるはずなので、早寝早起きサイクルが完成します。

暖かくなると、かなり早く起きても明るいのでスーパー早寝早起きタームです。ぼくは冷え性で寒いのが苦手なので、冬はネガティブになって何もやりたくなくなります。だから、この暖かい時期にたくさん働いて冬をのりきる準備をしないといけないのです。がんばります。

Share