梅仕事

今年も6月がやってきた。6月は梅の季節だ。昨年は和歌山まで行って梅をとってきたけれど、今年は天候やスケジュールの関係で八百屋で青梅を買いました。

収穫した梅を使って、梅酒や梅干しなどをつくることを梅仕事という。梅仕事はとても簡単で完成までに時間がかかるのでエンターテイメントとして取り組めば、なかなかコストパフォーマンスのよい遊びにもなる。

最もメジャーな梅仕事は梅酒作りかもしれないけれど、ぼくは下戸なので梅酒ではなく梅シロップをつくります。梅と砂糖を交互にビンに詰めて1ヶ月ほど待つだけで完成するので簡単だ(洗ったり、へた取りくらいはやらないとダメだけど)。

梅酒も梅干しも梅シロップも完成したものは1年中スーパーに売っているから、食べることが目的であればつくることに意味はないかもしれない。だけど、梅は6月にしか収穫できない果実だから、梅仕事をすることで季節を感じながら過ごすことができる。暑い・寒いくらいでしか四季を感じることができないというのは少しさみしい。梅の香りを嗅いだりしながら「あぁ、またこの季節になったなぁ」なんて五感を使って時の流れを実感しながら生きるのは心地よくて好きだ。

1ヶ月待つ #梅 #ume #梅仕事 #梅シロップ

Hidehiro Kohnoさん(@hidehiro_kohno)が投稿した写真 –

Share

プロフィール
ブログ
お問い合わせ

PAGE TOP