『洗脳 地獄の12年からの生還』僕は洗脳されやすいかもって思ったね

洗脳 地獄の12年からの生還」には、自己啓発セミナーで徐々にコントロールされてしまい、最終的には実の妻に暴力を振るわれ、罵声を浴びせられながらも無償で働くという想像以上の苦しみが描かれている。途中で読むのが辛くなってしまうくらい。

そんな状態を隠しながら、でも不自然さ満載でメンバーのHIDEやYOSHIKIと会話をするシーンが描かれているんだけど、敢えてあまり深く突っ込まないところに、メンバーの優しい心遣いや昔からの信頼関係が垣間見れて感動した。

人は何らかの影響を受けながら生きるわけだし、そのときは洗脳されているって気が付かないから難しい問題だよなぁと思った。あと、自己啓発はやっぱり好きじゃない。

自分はなぜ洗脳集団に絡め取られてしまったのか。それを解き明かすために、Toshl自らが、振り返る苦痛を乗り越え、少年時代からの自分の弱さを見つめ、洗脳集団ホームオブハートの残忍な手口のすべてを赤裸々に語る。1997年、X JAPAN脱退と解散。HIDEの死。ホームオブハートの巧妙な勧誘。執拗な暴力と罵倒による洗脳、搾取。脱出。X JAPANの再結成、そして今……。(引用元:Amazon商品紹介)

Share

関連記事