『AV男優の流儀』観るのと出るのは全く違うよね

巷では、草食男子や絶食男子という言葉が流行ってるっていうじゃないですか。にもかかわらず、DMMのAVのラインナップの凄さを目にすると全然性欲が衰えてませんやん!って思う今日この頃。恋愛に対する興味関心は減少傾向にあるけど、性に対する興味関心は増加傾向にあるとみるね。

個人的に近年、AVや風俗関連の仕事にスポットが当たってきてる傾向がある気がする。AV女優さんをドラマやバラエティー番組で見かけるのも珍しくないし、本屋に行けばAVや風俗関連の本が成人指定のコーナーでなく、新書のコーナーに置かれていることもある。まぁ、成人男子なら観たことがないって人や嫌いと答える人はほとんどおらず、ふつーに考えればすごい普及率で、注目されない方が変だなって感じなんだけど。

AV男優の流儀」は、放送作家の鈴木おさむさんが、五人のAV男優・監督とのインタビューを収録した本。男優さんの意見を知れる機会は意外と少なく、かなり面白かった。男優さんの仕事は、当然、綺麗な女優さんとの仕事ばかりではなく、おばあちゃんと絡んだり、ウンコ食べたりとなかなかハードな仕事も多い。そんな自分の性癖とは異なる場面に遭遇した時の乗り越え方が書かれている。参考になるかといえばファジーですが。

こんな感じでチョット笑ってしまうようなエピソードも多いんだけど、みんな自分の仕事に対する想いを語っているときは、至って真剣で真面目でありその考え方は、ビジネス系の哲学書に劣らない内容だった。自分が仕事をする時、AV男優の方が考えているようなことを同じように胸に秘めて取り組んでいるか見直すキッカケになる本でした。がんばろう。

鈴木おさむが直にAV男優・監督の声を聞くため、森林原人、しみけん、島袋浩といった人気男優からカンパニー松尾監督までに対談取材を敢行した。その時の模様は雑誌『SPA! 』で短期集中連載されたが、紙幅の都合からその魅力すべてを伝えることができなかったため、新書として全面加筆。 この本のために安達かおる監督にも取材を行った。笑いあり、涙ありの熱いトークバトルを濃縮した一冊に仕上がっている。題材はAVながら、仕事や人生に役立つ名言が詰まった珠玉の対談集、ここに完成!

引用元:Amazon内容紹介

Share

関連記事