ニートは働いてないけど、いろいろ忙しい『働かないふたり』

子供の頃、「ずっと漫画読んだりゲームしたりしていたいなぁ」と思っていたんだけど、大人になるに連れてなぜかそれらに飽きてきて働かないと行けないかなぁ、なんて思うようになってきた。別に義務感のような強制的なものではなくて本能的に思いました。でも、最近は再び「ずっと漫画読んだりゲームしたりしていたいなぁ」と思うようになってきた。あららです

なんか働いても掘っては埋めるような仕事もけっこうあるし(本当にあるんだよな)、かといってキラキラ輝くようなこともたまにしか思いつかない。そんな僕の心を知ってかしらないけれど、ゲームやマンガ、動画などのコンテンツが無料で楽しめるようになってきた。欲張らなければ、そんなに働かなくても「ずっと漫画読んだりゲームしたりしていれる」時代が来たように思う。

働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)」は、本当にそんな人生を送っている兄妹が主人公のマンガ。意図的に働かない賢いニートの兄と本能で働かない真性ニートの妹の日常が描かれています。ニートなのでゲームをしたり本を読んだり寝たりしているだけだけど、それに全力投球しているという感じで本当に楽しそうです。見ているだけで微笑ましくなります。隣の家に住んでいるお姉さんの存在も面白い。

てかまぁ、経験上で言いますと働かずにダラダラしているのってホントに幸せなんですけどね。で、人によるかもしれませんが、僕は無限に、この漫画に描かれている生活ができそうです。理想は、その生活を維持しつつ、生産的な活動を緩やかに実行できるインフラを整えることだと思いますが。何もしないで済むならそれに越したことはない。まぁ、今の社会制度が続けば、65歳から嫌というほどその生活を味わえるのかもしれないけど、それだと体調が悪かったり体力も減ってガタがきてたりする可能性もあるので、若くて元気なうちに自由を経験しておくのも良い気がする。そんな生活が描かれています。

兄の「働いてないだけで、暇ではない」という言葉が好きだ。

作者の個人ブログで圧倒的支持を得たニート兄妹漫画が待望のコミックス化!! 秀才な兄と、対人恐怖症な妹。働く気ゼロのアホ兄妹によるぐーたら日常漫画。引用元:Amazon商品紹介

Share

関連記事