苦手な人たちいっぱい出てくる「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」

ぼくは人付き合いが苦手で、まともに対話ができる人のストライクゾーンがとてつもなく狭いのですが、その中でも明るくてみんなで何かを成し遂げないと気がすまない人達が最も苦手だ。

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』は、ライフスタイル雑誌の編集部に転職した奥田民生に憧れる青年の物語です。これだけで、けっこう大変な職場生活が待っているんじゃないかって胸騒ぎをさせてくれる。

実際、奥田民生に憧れているおとなしくて優しそうな男の人が、キラキラ人間ばかりのライフスタイル雑誌の編集部に行ってしまって発狂するという話です。いやぁ、こんなコミュニティーに入ったらゲロが出ちゃうわ。想像するだけでブルブルしちゃいますよ。

ライフスタイル雑誌の編集部の人たちってなんとなくキラキラしていて流行は全部おさえていて「なんならオレも流行作っちゃうよ(だが、作れない)」っていう人が多そうじゃないですか。ほんとキラキラが苦手なのよ。たぶん、実際の職場は違うと思うんだけど、こちとらイメージ先行なんで勘弁してね。

全然マンガと関係ないけど、朝活とか相席居酒屋とか行っちゃう人、苦手だわぁ。「なんか興味本位で初めてみたらうまくいって、こんな感じになっちゃいました」っていうのを狙ってやってるよね。あぁ、人見知りなおしたい!

映画化も決まったようで楽しみなんだ。

「ボサノヴァカバー」で世を震撼させた渋谷直角の最新長編漫画! 自意識の不良債権を抱えた男女たちの葛藤を生々しく描き話題を呼んだ怪作「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」から2年。渋谷直角の最新長編漫画がついに発売! 奥田民生に憧れる35歳のライフスタイル雑誌編集者・コーロキは、仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかりにひとめぼれ。 しかし、それがコーロキにとって地獄の始まりとなるのだった……。もう決して若くはないとはわかっているけど、仕事で迷い、今後の人生を憂い、うっかり恋に狂ったりもする……いつになったら、奥田民生みたいに「力まないカッコいい大人」になれるのか?青春の最後の最後の残りカスのなかでもがき苦しむover35男たちの人生迷走曲!

Share

関連記事