ぼくもコンビニ側の人間や「コンビニ人間」

小説は滅多に読まないんだけど、なぜかスーッと引き寄せられました。読んでみたら共感できるところが多くて運命を感じちゃったよね。

芥川賞受賞作「コンビニ人間」を読みました。主人公の考え方は少し極端だけど、共感できる部分も多くあっという間に読んでしまった。会話が広がるのが面倒で無難な回答を探すことよくありますわー

主人公は子供の頃から何をやっても「変わっている」といわれ、どうすれば普通になれるのかを考え抜いた結果、たどり着いたのがコンビニの店員だったという話。そこなら他のアルバイトと同じことをしていればいいから楽、という理由で18年間もコンビニでアルバイトをしている。

それにはけっこう共感できることがある。雑談をすると何をやっても「意外ねー」と言われるので、毎回それに対してレスをするのも面倒になって、黙々と仕事をしている方がよっぽど楽だなぁ、思うことは多々ある(まぁ、仕事も面倒なこと多いけど)。

ただまぁ、主人公のように毎日自分のバイト先のコンビニの食事をとれるほどストイックにはなれないなぁ。あと、途中で出てくる面倒くさい男性がなんとも言えない存在感を出していましたね。

それにしても、この作品が芥川賞を受賞するということは、けっこうみんな同じようなことを思っているんだなぁ、と思ったり。

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

Share

関連記事