『東京タラレバ娘』僕の苦手なタイプの女性ですが、見ている分には最高におもしろいアラサー独身女性の話。

「モテない」がテーマの漫画は多いけれど、主人公が男(安心の童貞)の作品がほとんど。と思っていたら女性版の「非モテ漫画」がありました。これがとてもおもしろかった。

東京タラレバ娘』は、33歳の女性脚本家が主人公の漫画。「タラレバばかり言ってたら、こんな歳になってしまった」「6年後の東京オリンピックまでには結婚せねば!うおー」っていう話。仲のいい女友達3人と居酒屋(早く酔いたいから)で、乙女のように恋や仕事のタラレバで盛り上がる。アラサー女性の悲哀が迫力満点で描れていてメチャ面白い。

リアリティーを感じるのは、3人とも過去に普通に恋愛をしてきたということだ。むしろ、モテる方で別れても自然と次がやってくるタイプ。本人はなかなか笑えない問題かもしれないけれど。

「女子もなかなかこじらせるな」って思いつつ「ホントにこんなにキー!ってなるんかいな」と疑ってもいたけど、1巻の最後に「この話はモデルがいるよ」とあったのでホントに事件は起こっているらしいです。

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

引用元:Amazon商品紹介

Share

関連記事