コーヒーの歴史・種類からオススメのコーヒー、おいしいコーヒーを飲める淹れ方までわかりやすく解説します。

コーヒー豆の焙煎

収穫・精製されたコーヒー豆は味も香ばしさもなく、飲むことはできる状態ではありません。火で炒って『焙煎(ロースト)』することで、水分が除かれ成分が化学変化し、揮発性の素晴らしい香りを放つようになります。同時に、苦味、酸味、甘味等、コーヒー独特の風味も生まれます。

焙煎の度合いとその味わい

焙煎の度合いは、全部で8段階に分かれています。一般的に、浅く炒ったのものほど“酸味”が強く、深く炒るほど“苦み”が強く感じられるようになります。

roast_01

焙煎の度合いと味わい

浅煎り

1. ライトロースト

最も浅いロースト。色味は黄色がかかった茶色。この状態でコーヒーを淹れると、穀物臭が残る。豆室はかなり硬い。ここまでの浅煎りは、現在ではほとんど流通していない。

2. シナモンロースト

一般的に言う浅煎り。シナモンの色に似ているカラーが由来。いわゆる焙煎途中なので豆質は硬め。しかしコーヒーらしい味わいは幾分感じられる。ライト同様、流通量は少ない。

中煎り

3. ミディアムロースト

中煎りと呼ばれ、色は栗色。焙煎時に一度目の爆ぜが始まってから終わるくらいまでの焙煎度合い。酸味と微かな濁り感。アメリカンコーヒーを淹れるのに適しているとされる。

4. ハイロースト

深めの中煎り。色はかなり濃い茶色。2度目の爆ぜが始まる手前の焙煎度合い。わずかにコクが出始める。酸とコクのバランスが調和した透明度のあるコーヒーが抽出できる。

中深炒り

5. シティロースト

浅い深煎りで、チョコレート色。焙煎度合いは2度目の爆ぜが始まったあたりから数秒経った程度。十分なコクと酸味、また苦味もやや感じる。高品質なコーヒーで、多く焙煎されている。

6. フルシティロースト

中程度の深煎り。2度目の爆ぜが進行している途中の段階。強めのコク、やわらかな苦味、かすかな酸味を感じる。わずかに焦げ臭も出始める。エスプレッソでも楽しめるロースト。

深炒り

7. フレンチロースト

深煎り。色味は濃いチョコレート色。2度目の爆ぜの頂点から数秒たったあたりの焙煎度合い。かなり芯のあるコクと、やや強めのやわらかな苦味がある。後味に甘さを感じる。

8. イタリアンロースト

フレンチ以上の深煎り。豆の表面に油脂分が浮かぶ。2度目の爆ぜの終わりくらいまで焙煎したもので焙煎の限界。刺激的で力強い苦味。かすかな焦げ集や煙の香りも残る。

Share

一台でいろいろ楽しめる

世界のコーヒーをご自宅に

自宅で宇治抹茶が淹れられる

PAGE TOP