真似したくなるセリフのオンパレード「アウトレイジ」

ヤクザものを敬遠していましたが、いよいよ見てしまいました。

過激な言葉が飛び交っている予告編がいつも脳裏にちらついていたけれど、ヤクザものってなんかなぁ、という食わず嫌いから見てくることのなかったアウトレイジ。

いよいよ、我慢できなくなってしまい見てしまいました。

もうね、男なら真似せずにはいられないシーンのオンパレードですよ。やりたい放題、暴れ放題で見ていて痛快です。殺しのバリエーションが豊富すぎ。銃で撃つという想像できない痛さじゃなくて、指を切ったり思わず目をつむってシーンも満載です。

スピード感あふれる映画でした。男は見よう。

関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織・山王会組長の関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長・池元(國村隼)のことで苦言を呈す。そして、加藤から直系ではない村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、配下である大友組の組長・大友(ビートたけし)にその厄介な仕事を任せる。こうして、ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争が幕を開けた。 (Amazon商品紹介

Share

関連記事