コーヒーの歴史・種類からオススメのコーヒー、おいしいコーヒーを飲める淹れ方までわかりやすく解説します。

ドトールの魅力

ぼくはドトールがお気に入り。少し休憩を挟みたいときはドトールに行くことが多い。その大きな理由が、リーズナブルで美味しいコーヒーが飲めることと店内のレイアウトが落ち着くということ。でも実はドトールの魅力はそれだけじゃなくて、14時からはリーズナブルなケーキセットを楽しめるし、ミラノサンドなどのフードメニューも美味しいのだ。

安くておいしいブレンドコーヒー

dotour_blend

ブレンドコーヒー

ドトールのコーヒーは1杯220円。「なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?」という本を読んだんんだけど、ドトールのコーヒーは徹底的に味にこだわっているらしいです。焦げたような苦味はないし、スペシャルティコーヒー専門の「カフェ レクセル」も手がけているから味に間違いはありません。

14時からのケーキセットは超リーズナブル

14時からはお得なケーキセットが食べられます「ドトールのケーキセット(苺のショートケーキ)」

これで550円(ショートケーキは終わってしまったようです)

14時から550円でケーキセットを食べられるのも魅力のひとつ。ケーキセットを食べられるカフェは多いけれど、550円というのは格安だと思います。種類も豊富で頻繁にローテーションを変えるところも抜かりないですね。

白がベースの店内は居心地がいい

ドトールの店内は明るい。コーヒーというと少し暗めの空間というイメージがあるけれど、本を読んだりスマホを見たりするので明るい方が個人的には嬉しいです。んで、タバコを吸わない成人男性であるぼくにとっては分煙されているのも嬉しいです。

喫茶店は煙草の煙が気になるし、カフェは少しガーリッシュ過ぎて入れないけれど、ドトールは純粋にコーヒーで一服できる。

実はフードメニューもうまい

ドトールのミラノサンド

ドトールのフードメニューといえばコレ!

ドトールといえばミラノサンド。ドトールはコーヒーだけじゃなくフードメニューもうまい!チェーンカフェのフードメニューで「うまい」という印象はあまりないかもしれないけれど、ドトールはおいしいですね。

コンビニや自販機でも飲める

近くにドトールがない場合は、コンビニや自販機で買うこともあります。ジムにもあるんだよね。カップなら100円で飲めますよ

ヘビーユーザーはポイントカードを使おう

ぼくはポイントカードは好きじゃないから、滅多なことではカードをつくらないんだけど毎日のようにお世話になっているドトールなら使ってもいいかなと思って手に入れました。支払いが楽だしポイントも付与されます。ドトールのヘビーユーザーなら持っておいて損はないカードです。無料で作れるし。

ドトール バリューカード

Share

関連記事

  • コメダ珈琲のモーニング
    コメダ珈琲店の魅力

    ぼくが愛するコメダ珈琲店の魅力を書きました。

  • ファミマのコーヒー
    コンビニのイートインの魅力。

    コンビニのイートインでコーヒーを飲みながらボケーっとするのが心地よいです。

  • 神戸ポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」でコーヒーを学ぶ。
    「UCCコーヒー博物館」に行きました。

    神戸のポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」に行ってきました。毎日コーヒーを飲んでいる身としては知っておかなければならないよね。歴史や栽培方法といったコーヒーの基礎知識から、ドリップや焙煎など実用的な知識まで習得。サードウェーブも流行ってるからね。

  • main_history
    コーヒーに興味をもったキッカケ

    ぼくの生活にコーヒーはなくてはならない存在なんですが、社会人になるまではまったく飲めませんでした。なんかある日、急に飲めるようになったんです。年齢でいうと25歳くらいですかね。怖いもの知らずの時代でした。

  • コンビニコーヒー
    長期出張ならコンビニでボトルコーヒー

    ここのところ出張が多くてビジネスホテルに宿泊していることがけっこう多いんですけど、あのシックな内装に囲まれているとコーヒーを飲みたくなるんですよね。でも、毎回自販機で買うのもなんか違うなぁと思ったり。

  • ドリップコーヒー
    ハンドドリップ始めました。

    いよいよハンドドリップを始めてしまいました。豆を選んだり、豆を挽いたときの家中に広がるコーヒーの香りがハンドドリップにしかできないコーヒーの楽しみ方ですね。

  • 新幹線でひと息
    旅路でひと息、缶コーヒー。

    地元から離れたところに住んでいるということもあってしばしば新幹線に乗るんです。だいたい2時間半くらいの移動時間で、普段であればそんなに長いこと同じ場所にいたら窮屈になるんですが、そんな時間がけっこう好きだったりして。

一台でいろいろ楽しめる

世界のコーヒーをご自宅に

自宅で宇治抹茶が淹れられる

PAGE TOP