コーヒーの歴史・種類からオススメのコーヒー、おいしいコーヒーを飲める淹れ方までわかりやすく解説します。

コメダ珈琲店の魅力

ぼくはコメダ珈琲が大好きだ。同じ名古屋市生まれだからか思い入れもあったりする。中京圏以外でもじゃんじゃん見かけるようになって嬉しい。コメダ珈琲の魅力はなんといってもモーニングですよね。

コーヒー+トースト&ゆでたまごのモーニング

コメダ珈琲のモーニング

小倉あんも名古屋めしみたい

コメダ珈琲に限らずモーニングは中京地域の文化だ。珈琲にパンやゆで卵が付いてくる。ぼくが幼かった頃も週末は家族で近所の喫茶店にモーニングに行っていた記憶がある。当時は300円くらいでコーヒーとパン、ゆでたまごを食べることができたと思う(社会人になるまで、コーヒーを飲めなかったのでホットミルクだけど)。

関東に引っ越してしまってモーニング文化から遠ざかっていたけれど、コメダ珈琲のおかげで再びモーニング熱が蘇ってきましたよ。少し気合の入った打ち合わせがあるときは、コメダ珈琲に行ってモーニングを食べてエナジーを注入することもある。

ポップなレイアウト

喫茶店というと、薄暗い店内でタバコをふかしてスポーツ新聞を読みながら珈琲を飲むという感じだけどコメダ珈琲は違う。ロゴハウスのようなデザインで女性も入りやすい。それでいてスポーツ新聞もあるから男性も入ることができる中性的なデザインだ。

ドトールの魅力にもくつろぎを挙げたけど、ドトールはサクッと休憩するときに利用していて、コメダ珈琲はドッシリと気合いを入れて休憩するときに使う。

ボリューム満点なフードメニュー

コメダ珈琲のピザトースト

絶対うまいやつ!

愛知県は、モーニングにかぎらず喫茶店で食事をする文化もあって昼ごはんを食べたりもする。だから、コメダ珈琲にはビーフシチューやコロッケなどのメニューもあって食事をする場所としても利用できる。トーストやハンバーガーもあるんだけど、これが意外とボリューム満点なんですよ。

コメダ珈琲に行ったときの記録です。

中京圏内以外では、並ばないと入れないくらい人気があるのが玉にキズ。やっぱり喫茶店にはブラっと立ち寄りたいよね。

Share

関連記事

  • コンビニコーヒー
    長期出張ならコンビニでボトルコーヒー

    ここのところ出張が多くてビジネスホテルに宿泊していることがけっこう多いんですけど、あのシックな内装に囲まれているとコーヒーを飲みたくなるんですよね。でも、毎回自販機で買うのもなんか違うなぁと思ったり。

  • ドリップコーヒー
    ハンドドリップ始めました。

    いよいよハンドドリップを始めてしまいました。豆を選んだり、豆を挽いたときの家中に広がるコーヒーの香りがハンドドリップにしかできないコーヒーの楽しみ方ですね。

  • 神戸ポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」でコーヒーを学ぶ。
    「UCCコーヒー博物館」に行きました。

    神戸のポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」に行ってきました。毎日コーヒーを飲んでいる身としては知っておかなければならないよね。歴史や栽培方法といったコーヒーの基礎知識から、ドリップや焙煎など実用的な知識まで習得。サードウェーブも流行ってるからね。

  • ファミマのコーヒー
    コンビニのイートインの魅力。

    コンビニのイートインでコーヒーを飲みながらボケーっとするのが心地よいです。

  • dotour_blend
    ドトールの魅力

    ドトールの魅力を書いています。フードメニューもおいしいのが魅力だよね。

  • main_history
    コーヒーに興味をもったキッカケ

    ぼくの生活にコーヒーはなくてはならない存在なんですが、社会人になるまではまったく飲めませんでした。なんかある日、急に飲めるようになったんです。年齢でいうと25歳くらいですかね。怖いもの知らずの時代でした。

  • 新幹線でひと息
    旅路でひと息、缶コーヒー。

    地元から離れたところに住んでいるということもあってしばしば新幹線に乗るんです。だいたい2時間半くらいの移動時間で、普段であればそんなに長いこと同じ場所にいたら窮屈になるんですが、そんな時間がけっこう好きだったりして。

一台でいろいろ楽しめる

世界のコーヒーをご自宅に

自宅で宇治抹茶が淹れられる

PAGE TOP