コーヒーの歴史・種類からオススメのコーヒー、おいしいコーヒーを飲める淹れ方までわかりやすく解説します。

ハンドドリップ始めました。

ドリップコーヒー

いよいよハンドドリップを始めてしまいました。豆を選んだり、豆を挽いたときの家中に広がるコーヒーの香りがハンドドリップにしかできないコーヒーの楽しみ方ですね。

必要な道具

道具はコダワリだしたらキリがないんですが、少なくともドリッパーとサーバーは必要です。意外とお手頃価格なんだなぁ、と思って一安心したことを覚えています。欲を言えば、コーヒーをドリップするときはお湯を細く注ぐため、コーヒーポットもほしいところです。

豆を選ぶ。

ハンドドリップの醍醐味は、豆を自分で選べることだと思います。デパートやコーヒーショップで自分好みの香りや味のする豆を選ぶのは面白いです。

コーヒーカップ一杯分で約10グラムの豆を使用します。賞味期限もそんなに長くないので、だいたい100gくらい買います。お値段は豆によりますが1,000円程度。だから、長期的にみると自宅でドリップするほうがリーズナブルになるんです。

ちなみに、ドリップする前に珈琲豆を挽かなければならなくて、それにはミルが必要なんだけど、ミルを持っていない場合は、珈琲豆を購入するときに粉にしてもらうことができるます。慣れるまではミルを買う必要はないかなぁと思っています。ちなみに、私が持っているミルはこちら。

友達にコーヒーでおもてなし

ドリップコーヒーをつくっているときや飲んでいるときは、とてもリラックスできるのですが手間のかかる作業であることも確かで、忙しかったりするとドリップするのが面倒になってきて、せっかく用意した道具を使わなくなってしまうこともしばしば。

コーヒーを長く楽しむために、定期的に自宅に友人や家族を迎え入れてコーヒーをおもてなししてあげることをおすすめします。多くの人にコーヒーの魅力を伝えながら末永くコーヒーを楽しみたいものです。

Share

関連記事

  • main_history
    コーヒーに興味をもったキッカケ

    ぼくの生活にコーヒーはなくてはならない存在なんですが、社会人になるまではまったく飲めませんでした。なんかある日、急に飲めるようになったんです。年齢でいうと25歳くらいですかね。怖いもの知らずの時代でした。

  • コメダ珈琲のモーニング
    コメダ珈琲店の魅力

    ぼくが愛するコメダ珈琲店の魅力を書きました。

  • 神戸ポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」でコーヒーを学ぶ。
    「UCCコーヒー博物館」に行きました。

    神戸のポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」に行ってきました。毎日コーヒーを飲んでいる身としては知っておかなければならないよね。歴史や栽培方法といったコーヒーの基礎知識から、ドリップや焙煎など実用的な知識まで習得。サードウェーブも流行ってるからね。

  • コンビニコーヒー
    長期出張ならコンビニでボトルコーヒー

    ここのところ出張が多くてビジネスホテルに宿泊していることがけっこう多いんですけど、あのシックな内装に囲まれているとコーヒーを飲みたくなるんですよね。でも、毎回自販機で買うのもなんか違うなぁと思ったり。

  • ファミマのコーヒー
    コンビニのイートインの魅力。

    コンビニのイートインでコーヒーを飲みながらボケーっとするのが心地よいです。

  • 新幹線でひと息
    旅路でひと息、缶コーヒー。

    地元から離れたところに住んでいるということもあってしばしば新幹線に乗るんです。だいたい2時間半くらいの移動時間で、普段であればそんなに長いこと同じ場所にいたら窮屈になるんですが、そんな時間がけっこう好きだったりして。

  • dotour_blend
    ドトールの魅力

    ドトールの魅力を書いています。フードメニューもおいしいのが魅力だよね。

一台でいろいろ楽しめる

世界のコーヒーをご自宅に

自宅で宇治抹茶が淹れられる

PAGE TOP