家系ラーメンとは

豚骨醤油の濃厚なスープに太麺、トッピングとして海苔、チャーシュー、ほうれん草、煮卵が乗っているのが家系ラーメンの特徴です。麺の固さや油の量、味の濃さを自分好みに選んで食べるのも家系ラーメンの特徴です。

豚骨醤油の濃厚なスープにコシの強い太麺

家系ラーメンは、豚骨醤油の濃厚なスープと太麺が特徴です。スープはまろやかな舌触りでシッカリとした豚骨醤油。少し重たいかなと感じるときは油の多さを減らしたり、硬麺で攻めたいなと思ったときは麺の固さを固くしたりなど、麺の固さや油の量、味の濃さを自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

味がたっぷり染み込んだ海苔とほうれん草はクセになる

家系ラーメンの最大の特徴が、トッピングされている海苔とほうれん草。濃厚な豚骨醤油のスープの味を染み込ませて食べる海苔とほうれん草は絶品です。ごはんを無料で提供してくれるお店も多くて、ごはんと一緒に食べるのもまた最高です。

家系ラーメン屋は「◯◯家」という名前が一般的

本家は横浜駅近くにある「吉村家」

全国で見かけられる「家系」ですが、そもそもは1974年創業の「吉村家」(当時は新杉田駅近く)が源流で「吉村家」の流れを味を受け継ぐ直弟子・孫弟子の吉村家が認めたラーメン屋だけを家系といいます。

吉村家公式サイトによると、吉村直系の店舗は「杉田家」「はじめ家」「厚木家」「高松家」「上越家」で、どれも神奈川県にお店を構えています。そんな「家系」ですが、その中毒性ともいえる魅力のお陰で吉村家やその系列店の流れをくまないものの豚骨しょうゆラーメンのお店がさらに増え始めています。

いろんな家系が増えてきた

本家の吉村直系以外の家系ラーメンは「資本系」と呼ばれることもあります。こだわりの強い家系ラーメン好きからすると、吉村家の流れとは異なる店のラーメンを家系と呼ぶには違和感を覚えるかもしれませんが、当サイトでは、吉村直系だけではなく資本系のラーメン屋までも含めて家系ラーメンの魅力をお伝えします。

Back to Top