家系ラーメンの食べ方

家系ラーメンの食べ方におけるキーワードは「お好みでカスタマイズ」と「海苔とほうれん草」。店の入り口付近にある食券を買い「お好みは?」と聞かれるところからスタートです。

お好み「麺の固さ、味の濃さ、油の多さ」を伝える

食券を買って席についたら、麺の固さ(固め、普通、柔らかめ)、スープの濃さ(濃いめ、普通、薄め)、油の量(多め、普通、少なめ)を伝えます。もともと味がシッカリしている家系なので「すべて普通」でも十分に美味しいです。ただ、小さいお子さんの場合は「麺柔らかめ、味薄め」が、女性の場合は「油少なめ」が良いかもしれません。私は「味濃いめ」ということが多いです。

序盤はスープと麺を味わう。

まずは麺とスープを何口か味わいます。クチ全体を家系に慣らすのが大事。特に麺は太麺で歯ごたえがあるので、トッピングを食べる前に顎をウォームアップして、店の雰囲気を含めて体全体を家系体制にしておくのが大切だ。

海苔とほうれん草を味わう

海苔の食べ方として有名なのが、海苔をスープに浸してご飯に巻いて食べるです。家系ラーメンに乗っている海苔の最もスタンダードな食べ方です。ほうれん草もスープの味が染み込みやすいので同様の楽しみ方ができます。

また、スープをご飯にかけて食べるというのも一興です。ごはんを無料で提供してくれるお店も多いので是非挑戦してみてください。ちなみに私は、海苔だけを食べて麺とは違ったスープの味わいを楽しみます。

風邪にも効く?

家系ラーメンは、普通のラーメンと入っている成分が違うようで、風邪をひいたときにとり入れたい5つの栄養素「炎症を抑える成分」「白血球の働きを活発にする成分」「粘膜を強化する成分」「身体を温める成分」「殺菌効果のある成分」が含まれているようです。情報通によると風邪には「やわらかめ、薄め、少なめ」で注文し、卓上にある生姜とにんにくを入れることが効果的なんだとか。

Back to Top