コーヒーの歴史・種類からオススメのコーヒー、おいしいコーヒーを飲める淹れ方までわかりやすく解説します。

コーヒーに興味をもったキッカケ

ぼくの生活にコーヒーはなくてはならない存在なんですが、社会人になるまではまったく飲めませんでした。なんかある日、急に飲めるようになったんです。年齢でいうと25歳くらいですかね。怖いもの知らずの時代でした。

社会人になるまではコーヒーが嫌いだった

いまでこそ、平日は毎朝コーヒーを飲んで軽く読書をしてから仕事に出かけ、休日はコーヒーを飲んでからジムにでかけるような生活習慣になったぼくですが、社会人になるまではまったく飲めませんでした。

子供の頃、親が飲んでいるコーヒーを少しだけ飲ませてもらったけど、苦い以外の感想がなく「一生飲まねー」と誓い大人になりました。

ある日突然コーヒーが飲めるようになった

そんなぼくですが、明確にその日を覚えていないんだけど、ある日急にコーヒーが飲みたくなって飲んでみたら体から「正解!」と言われたような感覚になり、それ以来コーヒーを飲めるようになった。

だけど、コーヒーを飲めるようになったというだけで別に旨味を楽しむわけじゃなく、なんとなく頭がスッキリするかな、という程度のものだった。

味を追求するきっかけとなったマンガに出会う

そんな感じで頭を切り替えるという目的で飲んでいたコーヒーですが、「僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)」というマンガに出会って考え方が変わりました。

表紙の絵の柔らかさとは裏腹にガッツリとコーヒーについて述べられています。オレやラテの違い、銘柄とは何かなどなど、この漫画を読んでいるうちにコーヒーについて詳しくなって、コーヒーの味を意識するようになったんです。

サードウェーブブーム到来でコーヒーは戦国時代に突入した

意識すれば珈琲の味わいというものは、明確に違う。ぼくがよく言っているのは、おいしいコーヒーならブラックで飲めるということだ。この違いがわかるとコーヒーの面白さがグッと近づいてきます。

豆、焙煎、ドリップ方法、挽き方などあらゆる要素が重なり合ってコーヒーの味は構成されます。そのパターン数は無限大。それを楽しむのがコーヒーのおもしろさ。いまではコーヒー屋さんで豆を買い、自宅で挽いてドリップするまでになりました。

Share

関連記事

  • ドリップコーヒー
    ハンドドリップ始めました。

    いよいよハンドドリップを始めてしまいました。豆を選んだり、豆を挽いたときの家中に広がるコーヒーの香りがハンドドリップにしかできないコーヒーの楽しみ方ですね。

  • ファミマのコーヒー
    コンビニのイートインの魅力。

    コンビニのイートインでコーヒーを飲みながらボケーっとするのが心地よいです。

  • 新幹線でひと息
    旅路でひと息、缶コーヒー。

    地元から離れたところに住んでいるということもあってしばしば新幹線に乗るんです。だいたい2時間半くらいの移動時間で、普段であればそんなに長いこと同じ場所にいたら窮屈になるんですが、そんな時間がけっこう好きだったりして。

  • dotour_blend
    ドトールの魅力

    ドトールの魅力を書いています。フードメニューもおいしいのが魅力だよね。

  • コンビニコーヒー
    長期出張ならコンビニでボトルコーヒー

    ここのところ出張が多くてビジネスホテルに宿泊していることがけっこう多いんですけど、あのシックな内装に囲まれているとコーヒーを飲みたくなるんですよね。でも、毎回自販機で買うのもなんか違うなぁと思ったり。

  • コメダ珈琲のモーニング
    コメダ珈琲店の魅力

    ぼくが愛するコメダ珈琲店の魅力を書きました。

  • 神戸ポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」でコーヒーを学ぶ。
    「UCCコーヒー博物館」に行きました。

    神戸のポートアイランドにある「UCCコーヒー博物館」に行ってきました。毎日コーヒーを飲んでいる身としては知っておかなければならないよね。歴史や栽培方法といったコーヒーの基礎知識から、ドリップや焙煎など実用的な知識まで習得。サードウェーブも流行ってるからね。

一台でいろいろ楽しめる

世界のコーヒーをご自宅に

自宅で宇治抹茶が淹れられる

PAGE TOP