新幹線で飲むなら、缶コーヒー。

地元から離れたところに住んでいるということもあってしばしば新幹線に乗るんです。だいたい2時間半くらいの移動時間で、普段であればそんなに長いこと同じ場所にいたら窮屈になるんですが、そんな時間がけっこう好きだったりして。

車内なら、やっぱり缶でしょ

別に特別なことをするわけではなくて、缶コーヒーを飲みながらただぼーっとしています。仕事なんて絶対にしない。時間だけが過ぎていく。本当は考え事をしているのかな。でも、降りてしまったら必ず忘れちゃうんです。意味ないね。

電車であれ、車であれ、車内で飲むなら缶コーヒーがイチバン。スタバは小洒落すぎてるし、車内販売はチョット高い。ホームの自販機で無造作に買う缶コーヒーがベストだね。そこにはきらびやかな演出必要なし。それを、電車が出発して最高速度に達したくらいから飲み始めるの。出発前に飲むのは邪道ってもんよ。

だいたいさ、社内を見渡すと、お酒が飲める人はみんな缶ビールを幸せそうに飲んでるじゃないですか。出張が終わって家路につく途中であろうサラリーマンのビールを飲んでいる顔ったら、本当に幸せそうじゃないですか。お酒が飲めないぼくには、わからない感覚で少し羨ましい。

何はともあれ、やっぱり移動といえば缶なんだよ。

新幹線でひと息

駅のホームの自販機でサクッと買うのが良い!

関連記事