大阪府豊中市「日本民家集落博物館」住居の歴史を学ぶ。

大阪府豊中市「日本民家集落博物館」住居の歴史を学ぶ。

大阪では広い公園として有名な服部緑地公園の一角に「日本民家集落博物館」という少し変わった博物館があります(なぜかこれはあまり知られていない)。世の中には、民家というジャンルの博物館もあるようです。日本ではあまり知られていませんが、海外の観光ガイドには観光スポットとして紹介されているみたい。興味が沸いたので赴いてきました。

岩手から奄美大島までの民家12棟を展示

ミニチュアではなく実物の民家を展示

入館料は500円。入館するとパンフレットをもらえます。気になったところを抜粋。

日本民家集落博物館は、日本各地の代表的な民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示する野外博物館です。

大阪府豊中市の服部緑地公園の一角、約3万6千㎡の敷地内に、北は岩手・南部の曲家から南は鹿児島・奄美大島の高倉まで12棟の民家を集めています。

日本民家集落博物館 – 施設概要(パンフレットより)

大阪府豊中市「日本民家集落博物館」の民家

展示されている実物の民家

ミニチュアや部屋の一部ではなくて実物の民家が展示されているのがポイントだ。もちろん、民家の中に入って見学することができる。一軒家の展示場のような感じだ。人の家を見るのってなんか楽しいんだよなぁ。ただ、現代の一軒家と異なり、民家がとても広くて(まぁ、この大きさが当時の平均的な大きさかは知らないけれど)12棟すべての民家を見回ると、結構な距離を歩くことになるけど。

生活の拠点「家」の大切さを知る

日向椎葉の民家「竿家造り」

日向椎葉の民家「竿家造り」

日向椎葉の民家「竿家造り」

家の外観や内装を見ながら、民家の歴史を学ぶわけだけど、現在の家とは違いすぎて見るだけでは学びとれないことも多い。

博物館にはボランティアスタッフのかたがいて、古民家での生活の様子を教えてくれます。日向椎葉の民家「竿家造り」では囲炉裏が炊かれていたんだけど、それは単に暖を取るためだけではなくて、虫避けの効果もあるらしい。

虫が寄ってくると、木造の柱などを食いつぶされてしまう。それを防ぐために、囲炉裏を炊き続けて虫が寄り付かないようにしていないとダメなようだ。だから、夏場でも囲炉裏を炊かないといけなくてけっこうしんどいみたい。

こういう知識はなかなか想像できないので、積極的にコミュニケーションを取って良かったと思う。

囲炉裏にあたりながら話を伺う

日向椎葉の民家「竿家造り」

飛騨白河の民家「合掌造」

飛騨白河の民家「合掌造」

飛騨白河の民家「合掌造」

僕のルーツである岐阜県は、合掌造りで有名だ。合掌造りでは、屋根を雪に耐えられるような角度(約60°)に設計して、釘を使わず部材を組み合わせるということを学んだ。そして、屋根裏部屋は、養蚕に使われるらしい。飛騨白川郷のような寒い地域では、コメを収穫できないので、蚕から絹を生産し、コメと交換するみたいです。こういう話を聞くと、そこに長年住んできた方たちの英知や文化を垣間見れたりして面白い。

昔の人々はこういう知識を自然と身に付けたんだろうか。現代の人々にも語り継がれているのだろうか。囲炉裏を炊いたり、屋根の角度が60°なんて、そもそも疑問に思わないだろうな。

植物鑑賞をしながら季節を味わう

施設内は桜の木や梅の木などがあり、季節に応じて咲く花が変わるため、季節によって違った楽しみ方ができます。秋なら紅葉の様子、冬であれば、柚子や蝋梅が咲き、民家の様子もまた違って見えてくる。

真っ赤な紅葉(秋)

真っ赤な紅葉(秋)

柚子や蝋梅(冬)

蝋梅

暮らしぶりを知ることもできる

玉ねぎを干す

玉ねぎを干す

薪が積まれていた

薪が積まれていた

終わりに

住居は、健康で文化的な生活を送る最も大きなポイントだ。かつては、村人が集まって各々の家を建てていたらしい。いまでは、古民家のようなスタイルの住居はなかなか見かけられなくなってしまったけれど、結局こういう家に住むのがイチバンしっくりくるんじゃないかなぁと思った。

日の当たる場所に座っていると冬でも温い

日の当たる場所に座っていると冬でも温い

関連記事