ガイドライン

制作理念

心から面白かった、元気になった、勉強になった……そんな感情を抱かせてくれる唯一無二のものをつくる。

制作方針

人に発表したくなるものであること
自己満足を追求して、自信をもって知人・他人に報告できるものを目指します。目標は、まわりに言わなくてはいられなくなるようなものをつくることです。
色褪せないものであること
時代・流行を意識せず、マイペースに自分らしい作品をつくります。数日後・数年後に振り返ってみたときに、完成した時と同じ感情や懐かしさを感じられるものをつくります。
オリジナリティー(個性)を感じさせること
生活感や泥臭さなど、パーソナルなコンテンツを盛り込んで、初対面のかたへの自己紹介、知人・家族への近況報告になるようにします。インターネットで見つけた記事をそのままインターネットに量産したり、本で読んだ知識をそのまま語ったりしないこと。
仕方なしの作業になっていないこと
CVにも自己満足にもつながらない作業はしません(PVのためだけのSEO対策、手抜き対策のエフェクトなど)。
自分のためになっていること
基本的には生産者も利用者も「自分」であることを忘れずに。

ガイドライン

デザインガイドライン

目標を達成する要素を設計する。

  • どの環境でも適切にアクセスできる状態にする。
  • ユーザーのアクションはできるだけ少なくするを
  • 通信環境が不安定な状況においても表示速度の高速化を目指す。
  • あああああああ
  • いいいいいいいいいいいいいいい
  • あああああああ
  • いいいいいいいいいいいいいいい
  • あああああああ
  • いいいいいいいいいいいいいいい

コーディングガイドライン

メンテナンスしやすく実装する。

  • HTML5でマークアップする。
  • CSS3を駆使して読み込みを早くする。
  • jQueryを使用する。
  • コーディング期間が短縮できるよう要素を汎用的なコンポーネントにまとめる。
  • HEAD要素に不必要なメタタグは記述しない。
  • HTMLタグにはインデントを使用しない。その他は半角スペース2つとする。

ライティングガイドライン

必要なことだけをわかりやすく書く

  • 簡潔であること
  • テンポが良いこと
  • 巧妙であること

プロモーションガイドライン

鮮度の高いコンテンツを提供し続ける

  • トップページの直帰率は30%未満を維持する。
  • 検索エンジンからの流入は50%未満を維持する。
  • 全てのページに適切なタイトルとディスクリプションを記述する。
  • ディレクトリ/ファイル名はわかりやすくする。

Back to Top